働くとは

働くとは

 働くことは、国民の三大義務のひとつである。また、日々の生活を維持していくためには、それなりの金を稼がなければならない。しかし、金を稼ぐためだけに働くというのは、少々侘しくないだろうか。

 金もある程度はほしいが、それよりも仕事にやりがいを見出したい。単に金のためだけと割り切って働くなんてつまらない。仕事をしたことで得られる達成感や満足感を味わいたい。ならば、仕事とは一体なんであるのかを、真剣になって考えるべきだろう。

 その際に勘違いしてほしくないことがある。必ずしもすべての仕事で達成感や満足感、充実感が得られるわけではない。仕事の中には充実感は非常に得られるけど金にならないものもあれば、逆に金は儲かるけど満足感は得にくいものもある。それらがすべて相まみれて仕事である。どんなときにも必ずやりがいを感じられる仕事、自分のした行為一つひとつが、すべて金に換わる仕事というのはありえないと思ったほうがいいだろう。