就活マナー

就職活動マナー

 表情がどれだけ素晴らしくても、身なりがしっかりとしていなければ、決して印象がよいとは言えない。ボタンが取れている。シャツがしわくちゃ。靴底が擦り減っている。これでは、いくらしっかりとした意見を述べたとしても、よい印象を持ってもらいにくい。

身だしなみを整えることは、自己管理をすることでもある。逆に整っていないのは自己管理ができない、就職活動に真剣さが欠ける、などのように取られてしまうこともある。ならば、そう思われないようにするためには、どのようなところに気をつければいいのだろうか。
 たとえば男子学生であれば、髪は学生らしく短めに切り、剃り残しのないように丁寧に髭を剃ろう。スーツは紺かグレーの無地が一般的。シャツは白のワイシャツが基本だが、ストライプが入っていたり、ブルーやピンクでも構わない。最もセンスが問われるのがネクタイだ。スーツやシャツとうまくコーディネイトされていることが大事。入学式でしたものの使いまわしや父親からの借り物では不自然である。靴は黒か茶のひも付き革靴がよい。オシャレは足元からというように、毎日きれいに磨いてあることが大切だ。

 一方、女子学生の場合は業界によってバラツキはあるが、髪型はロングでもショートでも構わない。ただし髪の色はなるべく黒に近づけ、お辞儀をすると前髪が落ちてくる場合は、ピンでとめる。清潔、控えめ、上品が3大ポイント。スーツは、これまた紺やグレー、黒が一般的。業種によるが、金融業界などの場合、シャツも白で合わせてまじめさを演出しよう。スカート丈は、長いよりは少し短いか膝丈くらいがいい。スカートの丈が短いほうが、足が長く背も高く見えるからだ。ブラウスの基本は白地。襟の形で印象がかなり変わるので、いろいろなタイプを試着して自分に合うものを探すこと。またスーツによってはシャツではなく、カットソーやニットなどを中に着る場合もあるだろう。この場合、スーツとのバランスや色合いをみたり、アクセサリーをつけたり自分なりのセンスが出せる。ストッキングも色によって感じが変わるため、意外と重要。肌の色よりも少し濃い目のほうが、足が細く見える。靴は黒、茶、紺のパンプスが一般的。ヒールの高さは5cm前後が無難。動き回ることの多い就職活動では、それ以上高いと疲れやすくなる恐れがある。

 就職活動では、電話を使用する機会が増える。OB・OG訪問の予約に始まり、面接日時の変更、面接通過の連絡など、急ぎの場合にはほとんどが電話連絡である。また最近の学生では持っていない人を探すのが難しいというぐらい、誰もが携帯電話を持っているため、企業側も緊急連絡先として携帯電話の番号を書かせることが多い。
独り暮らしなどで家にいることが少ない人の場合、必然と連絡は携帯電話に入ることになる。24時間いつでもつながるようにしておこう、とまでは言わないが、いつかけても電源が入っていなかったり、相手の声が聞こえないほどうるさい場所で出るのも問題ありだ。

 特に注意したいのが夜の居酒屋。ワイワイ盛り上がっている最中に面接を受けた会社の人事から連絡がきたら・・・その場合はすぐに出るのではなく、一旦外に出てかけ直すなどした方がいいだろう。一体どんな生活をしているのかと、疑われかねないからだ。