機密情報の取り扱いに関する規程

機密情報の取り扱いに関する規程

1.規程の目的

本規程は、キャリアタレントアカデミー(以下、CTA)がお預かりする情報の取り扱いに関する体制・基本ルールを策定したものであり、お預かりする情報の漏洩を防ぎ、情報管理に関する会社としての社会的責任を果たすことを目的といたします。

2.規程の適用範囲

本規程はCTAの事業に係わる社員、スタッフ、タレント全員に適用されるものとします。

3.規程で用いられる用語の定義

(1) 機密情報
CTAが所有する営業秘密および個人情報のすべてを指します。

(2) 営業秘密
顧客名簿等の顧客に関する情報、技術に関する情報、生産に関する情報、販売に関する情報、取引関係等営業上の情報であって会社が秘密として管理している文書、写真、図面、磁気テープ、フロッピーディスク、CD、MD、MO、DVD、その他これに関する一切の資料並びにその複写物及び複製物などを指します。

(3) 個人情報
生存する個人に関する情報で、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができるものを含む)を指します。

4.守秘義務

CTA関係者は、その職に就いているときはもとより職を解かれた後においても、会社から許可を得た場合を除き、営業秘密及び会社の所有する個人情報を第三者に漏えいしてはいけません。

5.外部への持出し及び複製等の作成禁止

CTA関係者は、あらかじめ機密管理責任者に申請を行い、その許可を得た場合を除き、これらの機密方法が入った文書、写真、図面、磁気テープ、フロッピーディスク、CD、MD、MO、DVD、その他これに関する一切の資料並びにその複写物を社外に持ち出すことを禁じます。さらに、その複製または複写の作成も禁じます。

6.データの返還義務

CTA関係者がCTAの業務から離れた場合は、一切の営業秘密資料および個人情報データを速やかに会社に返還するものとします。

7.利用の原則

(1)営業秘密および個人情報は、業務の遂行上必要な限度において、会社から許可を得た者のみが利用できるものとします。

(2)業務上の必要により個人情報の取り扱いを外部業者に委託する場合、委託先の個人情報取り扱いが適切かどうか確認した上で業務委託契約に委託業務遂行以外の目的での利用の禁止、業務終了後の情報の返還又は破棄、違反時の損害賠償の条項を設けるものとします。

(3)外部業者に利用または情報へのアクセスを認める場合は、その目的達成のために必要な最小限の範囲の情報のみを提供するものとします。

8.利用手続

営業秘密もしは個人情報を業務に利用する場合には、あらかじめ機密管理責任者もしくは個人情報保護管理者に申請し、その承認を得なければなりません。その承認を得た目的以外で営業秘密または個人情報を利用しようとする場合は、改めてその承認を得なければならないものとします。

9.営業上の情報の収集

CTA関係者は、他社等の営業上の情報を収集する場合、その情報の入手方法について、情報提供者が不正競争防止法に抵触していないか否か調査し、確認した上で行わなければならないものとします。

10.個人情報の収集、取得及び利用

個人情報の収集・取得・利用に関しては、別途、個人情報保護方針で定めるものとします。

11.保管方法

営業秘密及び個人情報は、次の方法により保管します。

(1)文書、写真、図面、磁気テープ、フロッピーディスク、CD、MD、MO、DVD、その他これに関する一切の資料並びにその複写物は施錠可能な保管場所に保管し、鍵は機密管理責任者もしくは営業秘密または個人情報の管理権限を付与された者が管理します。

(2)情報システム及び情報機器内に保存されているものについて適切なアクセス権限を実施するとともに、外部媒体・ネットワークへの接続を禁止します。

12.保存期間ならびに廃棄処分

営業秘密ならびに個人情報の保存期間は特に設けておりませんが

(1)保存期間中に会社が指定を解除し廃棄を求められた場合は、当該資料やデータが完全に復元できない状態にした上で廃棄します。

(2)利用目的が終了した個人情報に対して本人が削除を要求してきた場合は、当該資料やデータが完全に復元できない状態にした上で廃棄します。

(3)廃棄を外部業者に委託する場合は、外部業者が確実に廃棄処分したことを確認するものとします。

13.個人情報の提供、移送、開示、訂正及び削除

個人情報の提供、移送、開示、訂正及び削除等については、別途、個人情報保護方針で定めるものとします。

14.誓約書

CTA関係者が次のいずれかに該当するに至った場合は、機密保持に関する誓約書を提出しなければならないものとします。

(1)機密事項に係わる仕事に携わるとき
(2)個人情報データの作成、変更、加工などの作業を命じられたとき
(3)社員・スタッフやタレントなどの健康情報へのアクセス許可を得るとき
(4)機密管理責任者または個人情報保護管理者の任命を受けたとき
(5)その他営業秘密及び個人情報の保護・管理上会社が必要と認めたとき

15.罰則

本規程に違反した場合は、違反者に対して懲戒ないし損害賠償責任を適用するものとします。

施行

本規程は平成25年9月1日より施行します。