仕事とは

仕事とは

 仕事とは、自分以外の第3者と関わることで他人や社会の役に立ち、そのことに満足感を見出すものである。すなわち自分が役に立っていることの評価が、金をもらうという形になって現れるだけのことである。

 人は常に助け合いながら生きている。家族、友人、恋人、どんな関係においても、それは変わらない。1対1、または数人の間では、助けられた者は助けた者に感謝される。そして、今度は自分が他人を助ける側にまわろうと思う。そのような人間関係ができはじめ、それが徐々に大きくなってコミュニティーが生まれる。さらに大きくなり、より多くの人が参加したものが会社である。元を正せば、困っている側と、それを助けて役に立ちたいと思う側の相互協力が仕事を生み出すのである。そのことを忘れてはいけない。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional