就職とは

就職とは

 なぜ就職しなければならないのか。大学を出たら、すぐに起業してはまずいのか。いや、そんなことはない。しかし、大学を出たばかりではノウハウも人脈もないし、自分1人でできることには限界がある。せいぜい20人~30人の役に立つことはできても、一度に何千人、何万人の役に立つことは不可能である。一人でも多くの人の役に立ちたいと思ったら、会社に入ったほうが賢明である。

 今の日本の社会制度において、会社に入るためには就職活動を経験しなければ始まらない。サークルや部活動のように先輩が勧誘してくれて、「今日から入りたいです」と言ったら「さぁ、どうぞ」というわけには行かない。その理由はいくつかあるが、一番の理由は採用人数に比して、入社希望人数が圧倒的に多いからである。しかし倍率に圧倒されてはならない。倍率が高いから入りにくいとは、一概には言えないからである。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional