教育理念

教育理念

社会をよくしたいと考えている若者を育てることで、希望に満ちた日本をつくる。


これが創業当時から変わらぬ教育理念です。一人で日本をよくしようと思っていても限界があります。そこで同じ理念を持った仲間の教育に力を注ぎました。さらに教育は金儲けにあらずという信念のもと営利追求を避けてきました。

現代の日本は資本主義社会です。しかし「希望」は金では買えません。

『ドン・キホーテ』の著者ミゲル・デ・セルバンテスは
『つまらぬ財産を持つより立派な「希望」を持つほうがマシだ』との格言を残しています。

バブル崩壊以降、日本には「希望」がなくなったと言われていますが、本当でしょうか。
震災で多くの人やモノが失われました。そんな中で自分まで見失いかけた人を救ったのは
「希望」です。

セルバンテスは、
『命があるのなら「希望」はいくらでもある』とも言っています。

「希望」は最初から転がっているものではなく、見つけるものであり、持つものです。
すぐには見つからなくても、考えることで未来を生きる力と知恵が身につきます。

セルバンテスは「己を知ることに全力を捧げよ。それこそが、もっとも困難な課題だ」とも言っています。

人生とは、まさに「己を知ること」の連続です。
己の存在意義を知れば、自ずと「希望」が見えてきます。

キャリアタレントアカデミーの使命は、
人、会社、社会に活力を与え、希望に満ちた日本をつくることです。

本来、企業の存在目的は利益を上げることです。それは株主に利益配当しなければならないからです。しかし私たちは株主を持ちません。よって利益を上げる必要がないのです。

その代わりに受講生一人ひとりを成長させ、希望の会社に入社させることで、社会貢献していきたいと考えています。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional