FrontPage

キャリアタレントアカデミーは1992年にスタートした就職寺子屋の元祖です
トップページ画像
年間最大15名限定で一人ひとりにあった指導を行います。25年間で指導した方のうち98%が優良企業に、マスコミ内定率は8割を超えています。その極意を知りたい方は 1日体験ゼミにご参加ください。



当校はビジネスではありませんので、費用はどこよりも安い自信があります。

青空教室というわけには行きませんので場所代が1時間500円かかります。よって授業に参加した日は、その分をお支払いください。またES/作文などの添削は1日1000円で何通でもで承ります。通常の就職塾は、それ以外に指導料がかかりますが、当校はボランティアですのでいただきません。



キャリアタレントアカデミーは、内定をゴールとした就職塾ではありません!

近年、内定と引き換えに大金を要求する就職塾が多数誕生しています。運よく就職できたとしても本当の競争は、そこからです。最後まで生き残れると思いますか? 当校は40年後を見据え、なぜ働くのか、何が向いているのか、どう生きれば幸せになれるのかを、理解するまできっちりと教え込みます。



就職活動は自分との闘いです。だからこそ悩みを共有できる仲間が欠かせません

就活中は、とかく孤独になりやすいものです。一人で悩みを抱えて自分の殻に閉じこもってしまう人を多数見てきました。誰しも同じようなことで悩んでいるのです。だからこそ心を許しあえる仲間に相談することで勇気が涌いてきます。当校は少人数に限定しているからこそ濃密なつきあいができます。



働く(傍楽)って、こんなに楽しくてステキなんだということに気づかせます

社会人は1日の半分を仕事に費やします。その時間が苦痛だと悲劇です。しかし「発想の転換」で周囲の人(傍)を楽しませることで、自分も楽しく働けたら、毎日がハッピーの連続になります。内定がもらえたからといって、今後の幸せが保証されているわけではありません。そこを理解してください。



当校が目指す先は、「仲間と楽しく仕事して日本をよくすること」にあります

だから内定がゴールではないのです。内定をもらうことも働くことも単なる手段にすぎません。手段とは目標や目的を達成するためのものです。社会に出て働く目的が明確になっていない人が内定を手にしたところで「豚に真珠」「猫に小判」それを生かせないのであれば内定通知書は単なる紙切れです!


[check]私も自分たちが住む日本社会をよくするために何かしらの役に立ちたい

[check]今のうちに一生付き合える仲間を増やしチームで社会に貢献していきたい

[check]社会人になって毎日の仕事を楽しみながら行い、人生を充実させていきたい


上記のいずれかに該当すると思われる方は、 1日体験ゼミにご参加ください!




なぜ儲からないことをやるんだ。
大勢に言われてきました。一度は死んだ身だからこそ、残りの人生は社会貢献に費やしたいのです。


ある日、靭帯骨化症という難病になりました。
手術をしたものの、治療法が確立されていないため進行を遅らせることしかできません。
いずれ身体の自由が利かなくなる前に、一人でも多くの優秀な人材を社会に送り出したいのです。


私と同じように大学生の就職指導を始めた我究館創設者である杉村太郎さんは47歳で他界しました。
東京アナウンスセミナー創設者である永井譲治さんは52歳で逝去しました。
私だけ残されたからこそ、せめて動けるうちは、可能な限りの指導を続けたいと思っています。


だから、お金ではないのです。
しかし1年間で指導できる人数に限界があります。締め切ってしまった場合は、ごめんなさい。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional